飴のことを南部弁では「飴っこ」といいます

青森県は、全域で津軽弁が使われていると思っていませんか?

実は、青森県は旧津軽藩領と旧南部藩領の地域が半々くらいの割合です。

全国的にも有名な難解で強烈なインパクトのある方言の津軽弁に比べると、優しくやわらかい印象を与える南部弁。

とはいっても、ネイティブスピーカー同士の会話は、初心者には聞き取れるものではありません。

そんな南部弁ですが、菓子卸センター坂下商店のある八戸地方で使われている方言です。

「みちのく方言菓子」シリーズは、そうした南部弁を活かした商品名を付けたお菓子のことを言います。

(一部、そう言い切れない商品も含まれていますが、当初のコンセプトは、方言入りの商品名です)

 

さて、その「みちのく方言菓子」シリーズに、「飴っこ祭り」という商品があります。

「飴っこ(あめっこ)」って何だと思われますか?

漢字で書けば一目瞭然、そうです!「飴・キャンディ・Candy」

 

大阪の年配女性なら「飴ちゃん」というように、八戸の年配女性は「飴っこ」といいます。

南部弁では、名詞の後に「~っこ」と付ける言葉が数多くあります。

馬→「馬っこ」

童(わらし)→「わらすっこ」

などなど、「そんなものにも、~っこを付けるのか!?」というくらい使う人もいますが、ニュアンスとしては愛情を込めて呼んでいるのです。

 

話を元に戻しますが、手づくり飴のシリーズが、「飴っこ祭り」です。

地元の飴職人さんの手づくり飴です。

昔は、お付き合いのある飴の職人さんも何人かいたのですが、近年は後継者がなく廃業を余儀なくされるケースも多いのが現実です。

そうした中で、今でも手づくり飴を製造していらっしゃる職人さんを微力ながら応援したいと思って「飴っこ祭り」を出しています。

大量に売れることは滅多にありませんが、長年、売れ続けて今まできました。

南部弁に触れていただきながら、「飴っこ祭り」を頬張るというのも風情があっていいものです。

商品ページもご用意していますので、よろしかったら見に行っていただければ嬉しいです。

飴っこ祭り しょうゆ飴 20個入

飴っこ祭り 一厘玉飴 18個入

飴っこ祭り 黒砂糖飴 15個入

飴っこ祭り 丹切飴 20個入

飴っこ祭り ミックス 22個入

 

 

八戸太郎伝説から生まれた「八戸太郎 鯨餅 」

その昔、鯨が姿を現していた八戸・鮫浜

八戸市に鮫町という町があります。その名の通り沿岸部の町で、昔から漁業が盛んな地域です。

その鮫町の浜に昔から伝わるのが、「八戸太郎」伝説です。

八戸の鮫浜に一頭のクジラが姿を現していました。その鯨は「八戸太郎」と呼ばれ、みんなから愛されていました。

何故なら、八戸太郎が現れるとイワシが大漁になるのです。

「八戸太郎は、神様の使者に違いない」

人々は、そう考えていたのです。

八戸太郎は、海を行き来して伊勢参りをしていました。そのおかげで、仲間の鯨たちから一目置かれる存在で、人々からも崇められていました。

しかし、ある年のこと、待てど暮らせど、八戸太郎が現れません。人々が心配しながら待ちわびていると、例年よりも遅れて現れましたが、その姿は傷つき、やがて息絶えて、そのまま黒い石に姿を変えたのです。

その黒い石こそが、現在も西宮神社の社前に「鯨石」と呼ばれて存在しています。

 

八戸太郎の伝説をモチーフにした鯨餅

「八戸太郎 鯨餅」は、こちらのページでご紹介しています。

購入いただくこともできますので、よろしかったら是非一度、お試しになってみてください。

↓   ↓   ↓

「八戸太郎 鯨餅」は、こちらのページ

青森りんご入りのどらやき「林檎どら焼」5個入

青森県といえば「りんご」が代表的な特産品ですから、りんごを使ったお菓子もたくさんあります。

「林檎どら焼」は、そんな青森県らしいオリジナリティをあらわしたどら焼です。

あんこの間にたっぷりと挟まれたりんごペーストは、果肉の甘酸っぱさを残して、青森りんごの味が楽しめるような仕上げになっています。

詳しくは、こちらのページでご紹介しています。

ご購入もできますので、どうぞ「おんでやあんせ」。

↓   ↓   ↓

「林檎どら焼」5個入のページ

八戸の銘菓「えんぶりの里」

あおもりお菓子ネットでは、八戸の銘菓「えんぶりの里」をご紹介致しております。

『えんぶり』とは、青森県の県南部、八戸地方で毎年2月に行われている春を呼ぶ五穀豊穣を祈る郷土芸能です。

地元・八戸では、夏の「八戸三社大祭」、冬の「八戸えんぶり」を二大まつりと位置付けて、観光客の誘致を図っています。

その八戸市民の自慢のおまつり『八戸えんぶり』の演者・太夫の烏帽子をかたどったパッケージデザインで人気のお菓子が、城屋の「えんぶりの里」です。

コーヒー餡で包まれた栗入りのパイ菓子は、優しい味わいがうれしい北国の銘菓です。

あおもりお菓子ネットでは、3アイテムをご用意しています。

えんぶりの里 15個入

えんぶりの里 10個入

えんぶりの里 1個

  

上の商品名をクリックいただくと、各商品ページに移動します。

ご贈答用としてはもちろん、八戸観光のお土産にも、ご自宅用としても、是非、ご利用ください。

 

りんご王国・青森の『りんごの中のりんご』です

本格的な冬の到来を感じる11月下旬の青森県では、今まさに青森りんごの収穫を終えて、出荷作業がピークを迎えようとしています。

早生品種などは、秋の始まりとともに店頭に並ぶ品種もありますが、青森りんごの主役といっても過言ではない『ふじ』をはじめ、『王林』『とき』、そして近年、店頭で見かける機会が増えてきている『シナノゴールド』などの黄色いりんごが勢揃いするのが、11月中旬から下旬にかけての今なのです。